浜松ロータリークラブについて

Rotary Club of Hamamatsu

会長挨拶

greeting

会長写真

85周年を迎えさらに進化する

浜松ロータリークラブ
~ワンチームそして奉仕~

浜松ロータリークラブ 2020~2021年度会長
鈴木  學

 2020~2021年度RIホルガー・クナーク会長は「ロータリーは機会の扉をひらく」というテーマを掲げています。
ロータリーメンバーになればリーダーシップの機会、奉仕の機会、友情を築く機会等様々な機会に出会うことができる。
また、私たちロータリアンのあらゆる活動がどこかで誰かのために様々な機会を提供しているとも述べています。
 私はロータリーを通じて出会う機会の中で一番大切なのは友情と人脈づくりの機会であると考えます。
クラブの絆が強くなってはじめて奉仕の力が強くなると思います。ワンチームそして奉仕です。
そのためにも出席して楽しい例会、参加して楽しいプロジェクトを目指したいと思います。

今年の地区補助金事業は公共イメージ委員会の皆様に担当していただき「NPO法人女子中高生理系キャリアパスプロジェクト」と「浜松科学館」の協力を得て理工系進路を目指す女子中高生に様々な分野で活躍する女性科学者や技術者と夢や進路について語らうイベントを企画しました。
中高生の知的好奇心を刺激するとともに視野を広げ自らの進路や夢について真剣に考える機会になれば幸いです。
 最近、奥様達の会である紅葉会の参加者が少なくなっているように感じられます。
私たちロータリアンが充分な活躍をするためにも奥様方の協力は大切だと思います。
メンバーの皆様にはぜひ奥様に紅葉会に参加し、年4回あるご婦人同伴例会に出席していただくようお誘い願います。
 浜松ロータリークラブは2021年2月に85周年を迎えます。
85年に及ぶ歴史と伝統を守り皆様のご支援とご協力を得てさらに進化するロータリークラブを目指したいと思います。
一年間どうぞよろしくお願い申し上げます。